MATLAB

MATLAB

本学の教職員・学生の方は、MathWorks社の次のオンライントレーニングを無料で受講できます。

  • MATLAB基礎(日本語)
  • MATLABのプログラミング手法(英語)
  • MATLABによるデータ処理と可視化(英語)
  • MATLABによる機械学習(英語)
  • 金融分野向けMATLAB基礎(英語)

なお、受講にはMathWorksアカウントが必要です。詳しくはこちらをご覧ください。

 MATLABは、MathWorks社が開発した数値計算・数式処理及びシミュレーション等を行うためのソフトウェアです。
 メディアコミュニケーションセンターでは、2015年4月よりMathWorks社との間にMATLAB/Simulink TAHライセンス契約を締結しましたので、本学の教職員と学生の皆さんは、MATLAB及び関連製品(計18製品)を個別に購入することなく、研究室等の大学所有のコンピュータや個人所有のコンピュータで利用することができます。

※macOS 10.12 SierraでMATLAB R2016a~R2014aを使用する場合はパッチのインストールが必要となります。パッチに関する詳細はインストールマニュアルを参照してください。
※macOS 10.13 HighSierraに対応しているのはMATLAB R2017bのみです。MATLAB R2017a以前は非対応となっていますので、ご注意ください。

matlab-sample0.png

  • 利用目的について
    • 大阪電気通信大学における非営利の教育・研究を目的とした利用に限られます。
    • 他の学術機関との共同研究において利用する場合は、本学担当分についてのみ利用可能です。利用の内容や研究成果の帰属先等にご注意ください。
    • TAHライセンスとは別に、MATLABや関連製品をご購入・ご契約いただくことも可能です。
  • 利用できるソフトウェア
    • 利用可能なソフトウェアは以下の18種類です。
      • MATLAB
      • Simulink
      • Bioinformatics Toolbox
      • Control System Toolbox
      • Curve Fitting Toolbox
      • DSP System Toolbox
      • Data Acquisition Toolbox
      • Image Processing Toolbox
      • Instrument Control Toolbox
      • Optimization Toolbox
      • Parallel Computing Toolbox
      • Signal Processing Toolbox
      • Simscape Multibody (旧SimMechanics)
      • Simscape
      • Simulink Control Design
      • Stateflow
      • Statistics and Machine Learning Toolbox (旧Statistics Toolbox)
      • Symbolic Math Toolbox

    *記載の無いツールボックスについては、個別にご購入・ご契約をお願いします。
    *OS及びバージョン(64bit・32bit)によって、利用できるツールボックスが異なります。
     詳細はメーカーサイトのシステム要件を確認してください。

  • 利用できるバージョン
    現在、キャンパスライセンスで利用することができるMATLABのバージョンは、R2017b(最新バージョン)・R2017aR2016bR2016aR2015bR2015aR2014bR2014aです。R2013b以前のバージョンの利用を希望される場合はMC2事務室までご相談ください。
    なお、Windows版32bitはR2015bが最終リリースとなっています。

 本学の教職員は、次の条件でMATLABを大学所有のコンピュータで利用することができます。

  • 利用できるコンピュータ
    • 研究室等に設置されている大学所有のコンピュータ(大学予算で購入し、教職員又は学生が主に利用するもの)に限ります。
    • 利用できる台数に制限はありません。
    • 利用者の制限はありません。同じコンピュータを利用するユーザ全員が利用できます。
    • ライセンスは毎年4月頃に更新となります。学内利用(教育/研究)・個人利用(教職員)についてはアクティベーションキーの更新は不要ですが、ライセンス期限の更新作業が必要になります。
    • 利用できるのは本学に在籍している間に限ります。退職等で在籍しなくなった場合は速やかに利用を中止し、アンインストールしてください。
  • 利用申し込み方法
    利用申請を行うことができるのは教職員のみです。
    • 申請フォームによる利用申請
      下記の申請フォームより利用申請を行ってください。
       MATLABキャンパスライセンス利用申請フォーム (教職員用Gmailへのログインが必要)

    • 書類による利用申請
      利用申請書類に必要事項を記入し、MC2事務室に提出してください。なお、申請書類には必ず教職員の押印またはサインが必要です。2015年度よりライセンス形態が変更となっているため、2014年度以前に同意書を提出している方についても、あらためて同意書の提出をお願いします。
      【提出先】
       寝屋川キャンパスMC2事務室 J-615(内線 2604)
       四條畷キャンパスMC2事務室 6-106(内線 5055)
      【申請書類ダウンロード】
       MATLABキャンパスライセンス利用同意書 (学内からのみアクセス可) *初回の利用申請時のみ
       MATLABキャンパスライセンス利用申請書 (学内からのみアクセス可)
  • 注意事項
    ライセンス認証には、MathWorks社Webサイトへのアカウント登録及びアクティベーションキーの取得が必要となります。登録及び取得方法は、インストールマニュアルを参照してください。
    また、毎年4月頃にライセンス契約が更新となるのに伴い、ライセンス期限の更新が必要になります。次のマニュアルを参考に、更新作業を行ってください。
     MATLABキャンパスライセンス(教職員用)ライセンス期限更新マニュアル

 本学の教職員は、次の条件でMATLABを個人所有のコンピュータで利用することができます。

  • 利用できるコンピュータ
    • 自宅等に設置されている教職員個人所有のコンピュータに限ります。
    • 利用できる台数に制限はありません。
    • 利用者の制限はありません。同じコンピュータを利用するユーザ全員が利用できます。
    • ライセンスは毎年4月頃に更新となります。その都度アクティベーションキーの更新が必要となります。学内利用(教育/研究)・個人利用(教職員)についてはアクティベーションキーの更新は不要ですが、ライセンス期限の更新作業が必要になります。
    • 利用できるのは本学に在籍している間に限ります。退職等で在籍しなくなった場合は速やかに利用を中止し、アンインストールしてください。
  • 利用申し込み方法
    • 申請フォームによる利用申請
      下記の申請フォームより利用申請を行ってください。
       MATLABキャンパスライセンス教職員個人利用申請フォーム (教職員用Gmailへのログインが必要)

    • 書類による利用申請
      利用申請書類に必要事項を記入し、MC2事務室に提出してください。なお、申請書類には必ず教職員の押印またはサインが必要です。2015年度よりライセンス形態が変更となっているため、2014年度以前に同意書を提出している方についても、あらためて同意書の提出をお願いします。
      【提出先】
       寝屋川キャンパスMC2事務室 J-615(内線 2604)
       四條畷キャンパスMC2事務室 6-106(内線 5055)
      【申請書類ダウンロード】
       MATLABキャンパスライセンス利用同意書 (学内からのみアクセス可) *初回の利用申請時のみ
       MATLABキャンパスライセンス利用申請書 (学内からのみアクセス可)
  • 注意事項
    ライセンス認証には、MathWorks社Webサイトへのアカウント登録及びアクティベーションキーの取得が必要となります。登録及び取得方法は、インストールマニュアルを参照してください。
    また、毎年4月頃にライセンス契約が更新となるのに伴い、ライセンス期限の更新が必要になります。次のマニュアルを参考に、更新作業を行ってください。
     MATLABキャンパスライセンス(教職員用)ライセンス期限更新マニュアル

 本学の学生の皆さんは、次の条件でMATLABを個人所有のコンピュータで利用することができます。

  • 利用できるコンピュータ
    • 自宅等に設置されている学生の皆さんの個人所有のコンピュータに限ります。
    • 利用できる台数は1人あたり2台までです。
    • 利用者(コンピュータのログインユーザ)を指定する必要があります。利用者毎にアクティベーションが必要です。
    • ライセンスは毎年4月頃に更新となりますので、その都度アクティベーションキーの更新が必要となります。
    • 利用できるのは本学に在籍している間に限ります。卒業・退学等で在籍しなくなった場合は速やかに利用を中止し、アンインストールしてください。
  • 注意事項
    ライセンス認証には、MathWorks社Webサイトへのアカウント登録及びアクティベーションキーの取得が必要となります。登録及び取得方法は、インストールマニュアルを参照してください。
    また、毎年4月にアクティベーションキーが更新となりますので、次の手順で更新作業を行ってください。
     MATLABキャンパスライセンス(学生用)アクティベーションキー更新マニュアル

powered by Quick Homepage Maker 4.73
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional