Autodesk

Autodesk教育機関向けライセンス

 メディアコミュニケーションセンターでは、Autodesk社が2014年8月より教育機関向けライセンスの無償提供を開始したことに伴い、次のAutodesk社製品のライセンスを取得しましたので、大学所有のコンピュータであれば、インストールし利用することができます。

autodesk-sample0.png

     ※1…日本仕様プログラムを同梱しています。
     ※2…SimulatiionMechanicalは2017、Softimageは2015R2をもって提供終了となりました。
     ※3…3dsMax2016、Maya2016、MotionBuilder2016、Mudbox2016の統合製品です。

 これら以外のAutodesk社製品の利用を希望される場合は、MC2より教育機関向けライセンスの取得手続きを行いますので、MC2事務室までご相談ください。

 本学の教職員及び学生の皆さんは、次の条件でAutodesk社製品を大学所有のコンピュータで利用することができます。

  • 利用できるコンピュータ
    • 研究室等に設置されている大学所有のコンピュータ(大学予算で購入し、教職員又は学生が主に使用するもの)に限ります。個人所有のコンピュータや、主に学外で利用するコンピュータでは利用することはできません。
    • ライセンス認証を学内ネットワークにあるサーバで行いますので、必ず学内ネットワークに接続する必要があります。
    • 演習室を含め、同時に利用することができるコンピュータ数が決まっているネットワークライセンスとなります。ライセンス数が不足した場合は、演習授業を優先します。
  • 利用申し込み方法
    学内利用版の利用申請を行うことができるのは教職員のみです。

 個人利用については、教育機関に所属する学生や教員向けにAutodesk社より無償ライセンスが提供されています。個人的な学習目的の利用に限り、個人所有のコンピュータにAutoCAD及びInventorを含むAutodesk社製品をインストールし、利用することができます。

  • 注意事項
    • 学生・教員向け無償ライセンスは、キャンパスライセンス等に基づき提供されているものではなく、教育機関に所属している個人を対象に提供されているものです。メディアコミュニケーションセンター(MC2)では原則としてサポートは行っておりませんので、ご了承ください。
    • 利用できるのは最新版を含む3世代前のバージョンまでです。メディアコミュニケーションセンター(MC2)の演習室にインストールされているバージョンとは異なる可能性があります。

powered by Quick Homepage Maker 4.73
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional