FrontPage

キャンパスライセンスに基づくソフトウェア提供について

 メディアコミュニケーションセンターでは、様々なソフトウェアのキャンパスライセンスを取得しており、本学の教職員及び学生の皆さんに提供しています。Adobe製品やMicrosoft製品、ウィルス対策ソフトウェア等の日常的に使用するソフトウェアの他、教育・研究活動に役立つソフトウェアが利用できます。
 本ページは、キャンパスライセンスを取得しているソフトウェアに関する説明ページです。利用したいソフトウェアについて、左側のメニューから選んでください。

キャンパスライセンスで利用できる範囲(参考)

 学内利用
(研究室等)
個人利用
(自宅等)
Adobe製品(Adobe Creative Cloud)
※1
Microsoft製品(WindowsOS, Office, VisualStudio)
※2
Autodesk製品
※3
×
※4
ウィルス対策ソフトウェア
※5
MATLAB
LabVIEW
※6
MultiSIM
※6
Mathematica
ChemOffice
CATIA
※3
×

 学内利用とは研究室等の大学所有のコンピュータにおける利用を、個人利用とは自宅等の個人所有のコンピュータにおける利用を指します。なお、キャンパスライセンスに基づき提供されるソフトウェアの利用用途は教育・研究活動を目的とした非商用用途に限られますので、ご留意ください。

※1…専任教職員に限り利用できます。
※2…学生は無償です。教職員はVisualStudioのみ無償、VisualStudio以外は有償となります。
※3…ネットワークライセンスのため、利用するコンピュータを必ず学内ネットワークに接続する必要があります。
※4…キャンパスライセンスの利用はできませんが、個人利用については別途、教育機関に所属する学生や教職員向けに無償ライセンスが提供されています。
※5…教職員はSymantec社のSymantec Endpoint Protection、学生はMicrosoft社のSystem Center Endpoint Protectionを利用できます。
※6…専任教員と学生に限り利用できます。専任職員は利用できません。

powered by Quick Homepage Maker 4.73
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional